1.募集学科


専門課程
学科名
修業年限
募集定員
卒業後の資格
教育・社会福祉
介護福祉学科
2年
(昼間)
40名
介護福祉士国家資格取得受験資格
専門士(教育・社会福祉専門課程)
レクリエーション・インストラクター
<取得目標資格>
福祉用具専門相談員
外出介護従事者
医療事務福祉学科
2年
(昼間)
40名
専門士(教育・社会福祉専門課程)
レクリエーション・インストラクター
<取得目標資格>
(財)日本医療教育財団認定試験団体受験会員校
 医療事務技能審査(メディカルクラーク)
医療事務・医療情報・医療秘書(上級試験まで)
福祉用具専門相談員
外出介護従事者
商業実務







本科
(1)一般コース


本科
(2)遺伝子管理研究
コース

2年
(昼間)

各10名

専門士(商業実務専門課程)
レクリエーション・インストラクター
<取得目標資格>
ビジネス能力検定(B検)
診療情報管理士
情報検定(J検定)
医療秘書技能検定
実用英語技能検定
秘書検定
福祉用具専門相談員
外出介護従事者
遺伝子管理士(遺伝子管理研究コース)

(3)サイバー大学併修
コース

2年
(昼間)

+2年
(就職後研究生)

10名

上記外
学士(IT総合学部卒)

 

2.選考区分による出願該当者

区 分
出願項目
A O

本校を第一志望とし、「この専門学校で勉強がしたい」という意欲があり、なおかつ在学期間の教育成果が十分に期待できると判断された者。
書類選考の結果によっては、小論文試験を課す場合がある。

特待生


本校を第一志望とし学校長が推薦する者
平成30年3月卒業見込みの者
評定平均値 
  3.7以上の者 A  3.5以上3.6以下の者 B  3.0以上3.4以下の者 C
書類選考と面接試験の結果、特待生として認められた場合は、入学金、学費の一部免除

 指定校推薦
本校が指定した高等学校の卒業見込者(各自の高等学校にお問合せ下さい)
学校長の推薦を受けられる者

推薦

平成30年3月高等学校卒業見込みの者
人物が優れている者
合格後本校に入学することが確約できる者
学校長の推薦が得られる者

一般

高等学校を卒業した者及び卒業見込みの者、またはそれと同等の資格を有する者

社会人

社会経験のある者
大学・短大既卒者、大学・短大卒業見込みの者

 

3.試験科目

介護福祉科
医療事務福祉科・情報ビジネス科
<AO・特待生・推薦>
書類選考・面接

<一般・社会人>
書類選考・面接・作文
書類選考・面接

 

4.本校提携学生アパート

 ●1DK(6畳〜8畳) 近隣(イトーヨーカドー等)、生活利便性大
   ※詳しくは、本校へお問い合わせください。

 

5.特待生奨学金制度 

(1)特待生としてAO出願し、書類選考と面接の結果、特待生と認められた者は、学費の一部が免除されます。
(AO入学申込生のみ)

評定平均値
奨学資金
1年次合計金
2年次合計
2年間合計
A:3.7以上
136,000円免除
957,800-A
821,800円
750,000円
1,571,800円
B:3.5~3.6
50,000円免除
957,800-B
907,500円
750,000円
1,657,800円
C:3.0~3.4
36,000円免除
957,800-C
921,000円
750,000円
1,671,800円

(2)本学奨学金制度(特待生)と(県介護福祉士奨学資金制度)を受けた場合(2年間)

本校学費    特待生A   県介護福祉士奨学金
1,707,800円 - 136,000円 - 1,640,000円 = 68,200円が手元に戻ります。

↓内訳
※県介護福祉士奨学金→入学金20万円+5万円×24ヶ月+就職準備金20万円+国家試験受験対策費用4万円=164万円
(標準年収家庭以下であれば、ほぼ受給できます。


※介護等の業務に5年間従事した場合は貸付資金の返還が免除になります。
 奨学資金制度の介護福祉士等修学資金を参照下さい。

 

6.サイバー大学併修制度 

希望者の4年間は、卒業の延長規定等により、この間は本学の大学併修学生となります。本学の専門課程(2年間)の修了後、サイバー大学の3・4年次は、本学の大学併修 指導コースに在籍(2年間科目等履修生)になる。専門課程の修了後インターン、本学の指導スクーリングをインターン先の都合に合わせ受けながら、インターネット学習により大学卒業の資格を得る。その後は大学IT総合学部卒業の学歴で就職活動が出来る。

◎サイバー大学併修契約希望者分割払納入費

※総額680,000円には、入学検定料・入学金・授業料・学籍管理料が含まれる。

◎サイバー大学併修 科目等履修生 本学在籍学費・指導連絡経費


他:必修、又は選択授業科目によって学習環境利用料が必要になる事があります。
  インターネット端末は、学校又は自己調達(通信料含む実費)となります。

 

【 HOME 】
〒963-8052 福島県郡山市八山田1-88・八山田6-33  →奨学金へ